グローバルボイスhttps://globalvoices.org/2016/11/27/one-year-on-belo-monte-dam-is-a-nightmare-for-indigenous-peoples-in-brazil/#
  16:29 GMT 
raimunda-800x450
イザベル・ハラリー(当初社会環境学会の上で発表される)によるこの物語は、要約されて、内容共有合意の一部としてここで再発行されます。


1年前、当局は貯水容量で世界で4番目、ブラジルで2番目に大きなダムであるベロモンテダムの水門を閉じました。その瞬間からアマゾン川におけるダムの貯水が満水に向かって始まりました。そして貯水池予定地にいた先住で川に浮かぶ島で生活していた人口は永久に暮らしが変えられてしまいました。

ダムのおかげで、地方住民は川の地域を航海することがより難しくなったと言います、漁場は消えました、そして、ペストと魚死は上昇しています。

「今日シングー川に住んでいることは不可能です。私は可能性がありません。人々は上手に生活するために川を使いました。いま彼らは生き残ります。それは威厳のある人生でなくて」、ひどくベロ・モンテ・ダムに影響を受けるシングー川の区画、ボルタ・グランでのそばを航海している間、ライムンダ・ゴメス・ダ・シルバは言います。

ライムンダは、ダムの貯水池によって浸水したシングーの川の島の1つで、彼女の夫(João)と一緒に暮らしたものです。彼ら両方は、釣りと農業で生活していました。今日、彼女はアルタミラ(100,000人の都市)の郊外に住んでいます — ダムの近くで最も大きな人口センター。

ボルタ・グランデは、2つの原住民の保護区アララ・ダ・ボルタ・グランデとパクイカンバの中を走るシングー川の100キロメートルの区画です。ダムの門が閉められたので、ボルタ・グランデの水量のおよそ80%は人工管を通してのその自然のベッドから貯水池まで入れ変えられました。
belomonte-800x450
森林を伐採されて燃やされた島は、人工の湖によって部分的に水中に入れられました。写真:イザベルHarari/ISA

「最大の問題は水の不足です。下流では、あまりに少な過ぎ、そして、上流では水があふれます。その上流のあふれた水は水質が悪い水で、そして、下流の水不足は魚や農作物や森をつぶしている。あまりにたくさんの水が上流にあります。しかし、残渣、死んだ魚、水に入れられた枯れ木は水びたしにされて問題はすべて妥協されてしまいました。そして、下流に、我々はより多くの水を必要とします。—ほんの少しだけが放流されました。しかし十分ではありません」と、ライムンダは言います。

今日、彼女は新居の計画を立てます、そしてそれは、彼女は「約束された土地」と呼びます。:川から350メートルで位置するひとかけらの土地は、彼女がNorte Energia(北エネルギー)から受領した賠償金として獲得されました。それは家を建てたり、農業プラントを運営するための個人的に責任のある対応です。「私はそれの前にそこにいるでしょう。そして見ます、… 私はそれが微笑んでいて、無料になっているのを見ませんでした。私はそれに痛みを見るでしょう。しかし、私はそれを私が忘れないために見ることを望みます。」

川でないそして魚はいない

今年2月から4月の期間で、Ibama(ブラジルの環境規制エージェンシー)は貯水池を満たすことの間、16.2トンの魚の死のためにNorte Energia35.3のmilhões1050万のUSD)の罰金を科しました。そして、貯水は3ヵ月がかかりました。
peixe-800x450

ダニ類、地域の一般の魚、盲目で、病気にかかって。写真:Torkjell Leira/ISA



しかし、死んだ魚は、シングーに沿って生きている人々に立ち向かった唯一の問題でありませんでした。建設サイトの人工の照明と爆薬の使用も、ボルタ・グランデの先住民によって使われる不可欠な漁場を滅ぼしました。

シングーとその流れの縮小を永久にさえぎることで、地元のコミュニティの釣りへの損害は、より悪くなるだけでした。「通常漁場に着くには一時間かかりました。今はそれが二倍の長さかかります。いくつかの場所は水位があまりに低いので、我々がボートで通ることができません。」と、ナタナエル・ジュルナ(土着のコミュニティのメンバー)は言います。

釣りは、ジュルナの主な自給活動です。社会環境学会による釣りにおけるベロモンテダムの影響の地図によるとデーター収集は社会環境学会の独立モニターとパラのフェデラル大学によります。ジュルナの魚の年間生産高は、4,469キログラムです。— 98パーセントが消費で食べられ、2パーセントが商業的に売られます。魚は、地元のコミュニティの食事の55パーセントを表します。

かりました。
belomonte2-800x450
航行は、減少した水流のため、川の地域で難しくなりました。写真:イザベルHarari/ISA

 例えば、釣りは川のものに親しく接続しています、「流れは循環します。」pacumatrinxã(アマゾン川流域に住む2種類の魚)が、水害地から流れ出たフルーツを彼ら自身のために食べます。 — 環境は川の流れの変更で存在するのを止めてしまうでしょう。

「魚なしで、我々は生き残りません」、と、パクイカンバ先住民保護区に位置しているMiratu村のチーフ、ギラード・ジュルナは言います。「我々の身内は常にこの地域で魚を食べて生きました。私は魚が終わると聞いて、悲しくなりました。我々は魚(川)を食べて生きます、そして、そういうわけで、我々はYudjaJurunaのもう一つの名前](それは『川の支配者』を意味します)です、そして、我々は常に川で生き残りました。そして、それは我々にとって何よりも大切なものです。シングーが存在する間、我々が戦い続けて。我々は終わりまで行く予定になっています。それが死ぬとき、我々はそれと共に死にます。」

ペスト

河岸や中洲に住む人々と土着のグループは蚊の個体数がダムの設置以来かなり増加したと報告します。そして、釣り、採集、農業をより難しくします。

ベル・ジュルナ(Miratu村のもう一人の原住民のリーダー)にとって、コミュニティは危険な割合で虫除けを用いて対応しました:「現在、我々はそれらの毒爆弾(虫除け剤)と共に歩かなければなりません。呼吸すると毒を吸ってしまいます。しかし、我々が少しだけ昆虫から自由になる唯一の方法です。— 我々自身の家の中にさえ。それは、子供たちと人々を夢中にさせることができました。そして、これらの毒に関する問題は、すぐに明らかではありません。」

対話の不足

その会社がダムを建設するまる一年前、ベロ・モンテのインストール許可はNorte Energiaにモニターと原住民で伝統的な河岸や中洲の民族の両方に対する計画の環境影響を軽くする提案を議論することを要求しました — 悪影響を受けています。これまで、地方住民によれば、Norte Energiaは、Ibama(ライセンス体)に、この情報を提示するだけでした。

伝えられるところでは、Norte Energiaはその水質監視責任を外注化しました、そして、一部の地元の先住民は彼らが水サンプルを集める努力に参加したと言います、しかし、彼らはまだ試験結果に接近していないです。

Canoada

canoada2-800x450
ボルタ・グランデに逆らった5隻のカヌーのうちの1隻は、canoadaの間、シングーを通過します。フォト:マルセロ・サラザール/ISA

Canoadaバイバイ・シングー — カヌー旅行は、土着の協会Yudja Miratuと社会環境学会によって組織化し— シングーの民族とコミュニティがベロ・モンテ・ダムの建設が始まって以来取り組んでいた問題に注意をひく狙いです。


3回目のCanoada旅行(それが93日と9日の間で起こりました)はベロ・モンテの門が閉められた後、初めてでした。風景の変化は、見えます。川の旱魃で、112キロメートルの旅行はさらに難しかったです、そして、アマゾンの息をのむような景色はその時浸水して森林を伐採された島と病気の魚を特徴としました。

「土着であり河岸や中洲に住む民族を感じることがすべての経験です。:(生えていた)植物を貯水池に投入した結果、地域は美しい場所と痛ましいさが混在します。canoadaに興味を持った人は誰でも人口の影響を尋ねます。増えた蚊にさされることを感じます。(たくさんの)死んだ魚と樹木を見ます。見返りは国のための開発モデルがベロモンテダム建設の様である事はできないと信じきっています。と社会環境学会のマルセロ・サラザールは言います。

canoadaも、土着のグループが魚の商業化に依存する社会経済の考え方に代わるものについてコミュニティを援助します。土着のおよび河岸・中州グループはこの種の活動で収入を生み出すことができました。たとえば、ガイドとして働いたり、カヌーを賃貸したり、彼らの芸術と食品を売りました。


「病的な研究所」

ここ数年の間、Norte Energiaはどんな水位が必要な電気レベルを生み出すのに必要かについて決定するために一連のテストを行います、そして、いくらはボルタ・グランデへと流れます。しかし、2019年までは、ダムが全速力で動き始めるとき、全国水エージェンシー(ANA)とIbamaの規則に従って、同社はダムを「開閉し」ます。

belomonte3-800x450

canoadaの参加者は、川の変化とその河岸に住んでいる住民に密接に続きました。写真:ロバータ・シモネッティ/ISA

「テストされていることはこの地域とこの最小限の流れが支えることができるだけの生命の種類で生命を維持する最小限の水流です。それは偉大な人間と自然の実験です。そして、自然の生命とその場所に住んでいる人々の生命をテストします、 — それが働くかどうか見ます。それが、病的な研究所(この地域の人々にされていること)です」と、マルセロ・サラザールは言います。